これって運命の出会い!?素敵な出会いがあれば恋も盛り上がるものです

off たとえ○○になっても……ずっと一緒にいられますか?

admin to 出会い談  

「おたがいに年を取ってからでも一緒にいられるか」

これは、婚活中の私がいくつかの出会いを経験した中で、もっとも重要視したことです。

男性・女性ともに、人間は年を取れば取るほど容貌が衰えていきます。体力も落ちてきます。

女性は妊娠・出産を経験すると、もはや「原型をとどめないほど」体型が崩れますし、男性は頭髪が薄くなるかも知れません。

たとえ相手がデブになっても、ハゲになっても、決して嫌いにならない自信があるでしょうか?

見た目だけではありません。

日本は現在、借金だらけの国です。不景気もいいところ、本当に安定した職業なんてほとんどありません。公務員だって定年まで安泰とは言えません。

もし、相手が突然、無収入になったら……?

「金の切れ目が縁の切れ目」にならず、そのときは自分が相手を支えていくという自信があるでしょうか?

幸いというか何というか、私の夫は若いころからなんとなく「年寄りくさい」「枯れた感じのする」人でした。

あだ名は「ジイ」。もちろん、爺さんのジイ、です。

若いころはいい男だったのに、年と共にだんだんと魅力がなくなってしまう男性もいるでしょうが、何しろ夫の場合は最初から「爺さん」。

少々白髪は増えたものの、結婚当初と比べて著しく老けたという感じはあまりしないのです。

経済的な面について言えば、残念ながら夫の給料はこのところ年々下がり続けています。

結婚して間もないころは、ちょくちょく夫婦で旅行にも行っていましたが、今ではレジャーも自粛気味。

家計簿を眺めては、うわぁ今月もヤバイよ~!などと吠える毎日です。

ただ、夫は自分の仕事にプライドを持っているので、少々嫌なことがあっても「辞める!」とは言いません。自分が好きで選んだ仕事でもあるので、「家族を養うために我慢して働いてやってるんだ!」とも言いません。

私が仕事をすることについても特に何も言わないので、まぁ夫婦で働けば何とかなるか、ぐらいに思っています。

私が夫を選んだのは、おたがいにじいさんばあさんになっても、そのころの生活がなんとなく想像できたからです。

たぶんあまりお金はないだろうけれど、夫婦ともに贅沢には慣れていないし、もともと見た目が気に入って結婚したわけではありませんから、相手の顔にシミやらシワやらが少々増えたところでたいして気にもならないでしょう。

婚活中に出会った人の中には、IT業界で働くイケメンさんもいましたが、そこであえて夫を選んでしまったのはそういうわけです。

Comments are closed.